アキュラホームの評判は?アキュラホームで家を建てよう!



家族の絆を深める「エコ」発想の体験型住宅。

アキュラホームは6月12日、千葉県市川市の市川住宅公園内にモデルハウス「市川展示場」をオープンします。家族の絆を深める「エコ」発想の体験型住宅。

コンセプトは、太陽光発電システムやグリーンカーテン、風を計算した設計などの『エコロジー仕様』。たっぷりのモノがしまえる『大収納』。そして家族の交流に配慮した『幸せデザイン』。これからの暮らしに大切な3つのコンセプトを盛り込みました。

2010年6月12日(土)グランドオープン!です。

アキュラホームの市川住宅公園詳しくは、HPをどうぞ!

アキュラホームHP
posted by 住宅マニア at 22:56 | Comment(13) | TrackBack(0) | アキュラホームの家

マイホーム 1000万円内で

設計見直し3割安く

1000万円以内で買える低価格住宅(土地代は別)が注目を集めている。

「戸建てには、とても手が届かない」と、あきらめていた人にも、夢のマイホームが近づきそうだ。

アキュラホーム(東京都新宿区)は、延べ床約60平方メートルの木造2階建て住宅を本体価格550万円で販売している。昨年4月の発売から、2万3000件以上の問い合わせがあり、約50平方メートルの平屋タイプと合わせて、すでに90棟を販売した。

水道などの付帯工事や確認申請などに別途300万〜400万円の費用がかかるため、総額は850万〜950万円になるが、それでも同じ広さの一般的な住宅よりも3割ほど安いという。

安さのわけは徹底したコスト削減だ=表参照=。資材の一括仕入れや設計など80以上の項目を見直し、「創業30年のノウハウをつぎ込んだ」という。必要なときに必要な資材を現場に運んで工事の手間を省き、工期を一般的な注文住宅の約半分の45日に短縮した。

また、アイフルホーム(東京都江東区)は昨年10月、外壁やキッチンの色などをインターネットで選べる方法で、本体価格700万円台から買える戸建て住宅を売り出した。大手でも、ミサワホームが75平方メートルの平屋を同1000万円台前半で売り出すなど「低価格を意識したラインアップを増やしている」(ミサワホーム広報・IRグループ)という。

新築の欠陥補修を業者に確実に行わせる「住宅瑕疵担保履行法」の施行などで、消費者の警戒感が和らいでいることも低価格住宅の追い風になっているようだ。

ただ、低価格住宅は、設計があらかじめ決められている。税制優遇を受けられる「長期優良住宅」より断熱性などが劣る場合もあるので、購入前によくチェックしておきたい。(経済部 富塚正弥)

(2010年5月25日 読売新聞)より
posted by 住宅マニア at 23:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | アキュラホームの評判

アキュラホーム、最高益

アキュラホームが14日発表した2010年2月期の単独決算は、最終利益が前期比9.7倍の6億円で過去最高になった。所得・雇用環境が厳しい中で、1000万円台からという手頃な価格の注文住宅が業績を押し上げた。

売上高は11.1%増の309億で、16年連続の増収を達成した。主力の住宅建築事業の売上高が、12.3%増の296億円と大きく伸び、全体を牽引した。サンケイヴィズより

デフレ時代を象徴するように低価格住宅のニーズが増加していることがこの業績を生んだのではないでしょうか?一生ものと言われていた住宅ですが、住宅ローン破綻などもあり出来る限り借り入れを抑えられる住宅が必要不可欠だと思います。

アキュラホームのコストダウンに今後も期待したいですね。

アキュラホームHP
posted by 住宅マニア at 00:35 | Comment(6) | TrackBack(0) | アキュラホーム

アキュラホームのジャーブネット、「住宅版エコポイント」交換キャンペーン

注文住宅のアキュラホーム(東京・新宿、宮沢俊哉社長)が主宰する中小工務店やビルダー約500社の会員制組織「ジャーブネット」は、6日から住宅版エコポイントを約90万円相当の省エネタイプの住宅設備と交換するキャンペーンを実施する。31日までの先着100棟限定。

アキュラホームで2月に同様のキャンペーンを実施したところ、開始から1週間で限定枠が満了するなど反響が大きかったため、ジャーブネットでも実施する。会員企業のうち、74社が対象となる。住宅版エコポイント制度では、省エネ性能の高い住宅の新築に一律30万ポイント(1ポイントは1円相当)を発行する。8日から申請を受け付ける。[3月4日/日経産業新聞]より

アキュラホームHP
posted by 住宅マニア at 15:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | アキュラホームの評判

アキュラホーム、住宅版エコポイントを3倍90万円分と交換 LED照明など

注文住宅大手のアキュラホーム(東京・新宿、宮沢俊哉社長)は12日から住宅版エコポイント制度の開始を受けて、エコポイントを最大約90万円相当の省エネタイプの住宅設備と交換するキャンペーンを実施する。28日までの先着30棟限定。エコポイントを最大で約3倍換算にしたお得感を打ち出し、需要喚起を狙う。

住宅版エコポイント制度では省エネ性能の高い住宅の新築に一律30万ポイント(1ポイントは1円相当)を発行する。今回のキャンペーンはポイントを、工事費を含めて約90万円相当の住宅設備と交換できる。設備は発光ダイオード(LED)照明や高効率給湯器、節水トイレ、食器洗い乾燥機など9品目から選べる。[2月9日/日経産業新聞]より

posted by 住宅マニア at 13:46 | Comment(3) | TrackBack(0) | アキュラホームの評判

550万円住宅の真髄はここにあった−アキュラホーム宮沢社長に聞く

アキュラホームが30周年記念一戸建応援プロジェクト「新すまい55」として販売した (建物本体価格)。昨年4月、期間限定で販売された同商品は大きな反響を呼び、販売から1カ月程度で1万件を超える問い合わせを受けるなど、好評を博した。その後も、延長販売など行い、2010年1月からは、2プランから10プランに拡充し、全国工務店ネットワークのジャーブネットから全国販売に踏み切った。

マイコミジャーナルの宮沢社長のインタビューはこちらから
posted by 住宅マニア at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | アキュラホームの評判

300万円で1戸建て 工務店ネットが「福袋」

兵庫県を含む全国の工務店約500社が加盟する住宅建設関連企業のネットワーク組織「ジャーブネット」は、1月1日から「福袋」として300万円の木造一戸建て住宅を売り出す。インターネットで同31日午後6時まで申し込みを受け付け、抽選で1人に販売する。


同ネットは、注文木造住宅を手がける「アキュラホーム」(東京)が主宰。同社は家づくりの無駄を見直すなどしてコストダウンを実現した550万円の一戸建て住宅を販売し、加盟工務店に建築ノウハウを提供している。兵庫県内4カ所に営業所を持つ。

福袋は550万円住宅を特別価格にした。2階建て(延べ床面積60・39平方メートル)と1階建て(同48・74平方メートル)の2種類。2月4日に抽選を行う。問い合わせは同ネットに加盟する赤穂市の結城建設TEL0791・46・3011。申し込みは同ネットの専用ホームページ(開設は1月1日)http://www.jahbnet.jp/vol33/(2009/12/29 10:19)神戸新聞より
posted by 住宅マニア at 17:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | アキュラホーム

アキュラホーム、低価格住宅の品ぞろえを拡充 床面積や収納増

注文住宅のアキュラホーム(東京・新宿、宮沢俊哉社長)は低価格住宅の商品ラインアップを拡充する。550万円の木造住宅「新すまい55」はこれまで2種類しかなかったが、来年1月から10種類に増やし、価格帯も550万〜710万円に拡大。対象とする世帯人数も増やす。デフレ傾向が強まるなか消費者からの反響が大きいためで、これまで住宅購入を検討していなかった顧客をつかむ商品群として育てる考えだ。

既存の2商品に加えて平屋で2つ、2階建てで6つのプランを追加する。間取りは1LDKと2LDK。延べ床面積は約48平方メートルから約73平方メートル。最大で既存商品より約5割広げた。3人世帯まで対象とする。顧客の要望の多かった収納空間を拡大。狭小間口対応の都市型に加えて、間口をゆったりと構えた郊外型も用意した。[12月22日/日経産業新聞]より
posted by 住宅マニア at 16:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | アキュラホームの家

アキュラ通信燃料電池の話

Vol.36 燃料電池の話@

いよいよ一般販売が始まった家庭用燃料電池。水素と酸素の化学反応で電気と熱を作り出すクリーンな動力源です。アキュラホームでも家庭用燃料電池エネファーム搭載住宅を1500万円を切る価格で販売を始めました。今回はこの燃料電池の基礎知識についてご紹介しましょう。

原理は水の電気分解の逆

子供のころに学校で実験した「水の電気分解」は、水に電気を通して水素と酸素の泡を発生させる化学反応でした。燃料電池の原理は簡単にいえばその逆、水素と酸素を化学的に反応させて、電気(と副産物の熱)を取り出す反応です。燃料電池は、中心にある「電解質」を燃料極と空気極の2つの電極で挟んだ構造をしています。電解質は電子を通さず、イオンのみを通すので、通れない電子が外部の回路を流れ、発電する仕組み。ですから、電池とはいっても電気を貯めるのではなく、水素と酸素のもつ化学エネルギーを直接的に電気エネルギーに変える一種の発電機なのです。従来は宇宙船の動力源や商業発電に利用されていましたが、地球環境問題、エネルギー問題の有効な解決策のひとつとして、自動車や家庭用燃料電池の開発が急ピッチに進んでいるのです。

アキュラ通信続きはきちら
posted by 住宅マニア at 00:15 | Comment(20) | TrackBack(0) | アキュラホームの評判

家庭用燃料電池搭載住宅を販売・・・アキュラホーム

注文住宅のアキュラホーム(東京・新宿、宮沢俊哉社長)は主力住宅「OPTIS」に家庭用燃料電池「エネファーム」を搭載して販売を始めた。1460万円からの手ごろな価格設定にした。

同社が主宰する中小工務店やビルダー約500社の会員制組織「ジャーブネット」に対しても施工技術の習得や営業ノウハウを蓄積して、搭載を支援していく方針だ。[7月9日/日経産業新聞]より引用
posted by 住宅マニア at 00:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | アキュラホームの家
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。